インプラント

implant

健康で快適な生活を取り戻す、インプラント治療

インプラント治療は、歯を失った顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上からセラミックなどの人工歯を被せることで歯の機能を回復させる歯科治療です。歯を失うと見た目が悪いだけでなく、噛み合わせが乱れ、歯みがきなどのケアがしにくくなり虫歯・歯周病にもかかりやすくなります。

骨との結合がよく天然の歯と遜色ないインプラント

implant_0歯を失うということは、身体の問題だけでなく、食べ物が噛みにくい、発音がうまくできない、人前で自然に笑えない、老けて見えてしまうなど、心の問題とも深く関っています。

骨との親和性が高いチタンの特性を活かしたインプラントは、天然の歯と遜色ない見た目や噛みごこちなど大変優れた性質を持っています。浦野歯科診療所では、インプラントを健康で快適な生活を実現する歯科治療の選択肢として提案させていただいています。

インプラントのメリット・デメリット

従来は入れ歯やブリッジといった方法が一般的でしたが、周囲の歯を削る必要がなく天然の歯のように噛むことができるインプラント治療を希望される方が増えています。口内や顎の骨の状態、身体的・金銭的なご負担等、患者さんお一人ひとりに最適な治療をご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

治療方法 インプラント 入れ歯 ブリッジ
im_t1 im_t3 im_t2
審美性 天然歯と変わらない審美性を回復 金属のバネが目立つなど審美性に劣る場合がある 材料によっては見た目がきれい(※自費)
他の歯への負担 他の健康な歯を削る必要がない バネをかける歯に負担がかかる 隣接する健康な歯を削る必要がある
噛み心地 天然歯と同じように噛める 咀嚼力は天然歯の50%・違和感を感じることも 天然歯と同じように噛める(※状態による)
味覚 天然歯と変わらない 味を感じにくい(総入れ歯はさらに味が感じにくい) 天然歯と変わらない
治療期間 手術が必要・通院回数が多い 治療は簡単で期間も短い 3〜4回程度の通院
治療費用 保険適用外のため高コスト 保険適用であれば比較的低コスト 保険適用であれば比較的低コスト
適応条件 顎の骨が十分にあれば適応可能 ほとんどの症例に適応可能 支える歯がなければ適応しない
歯槽骨の吸収 骨の吸収を抑制できるため顎の骨が痩せにくい 歯のない箇所から骨吸収が起きて顎の骨がやせる 歯のない箇所から骨吸収が起きて顎の骨がやせる
耐用年数 30年超の耐用も可能(※歯周病対策・定期メンテナンスが必要) 約7〜8年、歯ぐきの変化に応じて調整が必要 平均8年程度(※顎の骨の状態による)

インプラント治療の流れ

インプラント治療のためのカウンセリングと前処置

精密検査とカウンセリング
浦野歯科診療所では、丁寧なヒアリングを通して、患者さんのどういった治療を求めているかを伺います。1人ひとりの口腔環境や骨格を正確に把握するために、レントゲンやCTスキャン等の検査を行い、お身体の状態などをお伺いした上で、治療方針や料金、通院期間などのカウンセリングを行います。インフォームドコンセントを徹底し、十分に検討いただいた上で治療を開始します。

また、安全な治療のための前処置
インプラント手術を行う前に、口腔内の環境を整える必要がある場合は、虫歯や歯周病の治療、顎の骨が少ない場合には造骨治療など、安全なインプラント治療のための前処置を行います。

※検査結果によっては、インプラント治療を受けられない可能性や、造骨手術のご相談などをさせていただく場合があります。

STEP.1インプラント埋入手術(1次手術)

歯の土台となるインプラントを顎の骨に埋め込みます。局所麻酔を行いますので痛みはありません。手術時間は1~3時間程度。入院などは必要なく、翌日から通常の生活を送っていただけます。縫合した糸は1週間程度で抜糸します。

STEP.2定着期間

定着期間
インプラントが骨としっかり結合するまでの定着期間を設けます。その期間は、インプラントを埋めた部位、骨の質などで個人差がありますが、通常は2~6ヶ月ほどになります。

STEP.3アバットメント装着(2次手術)

埋め込んだインプラントが定着したところで、アバットメントと呼ばれる連結部分の装着を行います。

STEP.4人工歯の装着

口腔内全体の型採りをし、一人ひとりに合ったセラミック人工歯を作製します。アバットメントの上に人工歯を装着してインプラント手術の完了となります。

インプラントを長く快適に使っていただくためには
定期的なメンテナンスが大切です

implant_step_end人工物であるインプラント自体は、虫歯などになることはありません。しかし、インプラントを支える歯ぐきや顎の骨は病気になることもあります。インプラント周囲炎などにより折角のインプラントが抜け落ちてしまうこともあります。インプラントを長く快適に使っていただくため、また残った歯を健康に保つためには、日頃のセルフケアが大切です。また、必ず定期的にプロによるまた口腔内チェックやクリーニングを受診するようにしましょう!!